禁煙?喫煙OK?

最近の夜行バスの車両はゆったり空間が多いのです

夜行バスと聞くと窮屈な座席に、隣に座っている人のいびきが気になって眠れないなどのイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。最近の夜行バスはリクライニングが出来るだけでなく、前後のスペースがゆったりとしているので、思い切りシートを倒すことが出来る、しかも前後のスペースが従来の車両よりも広くなっているため、脚を伸ばせるなどのメリットがあるバスが増えています。また、左右のスペースについても、3列シートなどの夜行バスを使えば、隣の席に座っているお客さんとは通路を挟んで隣になるので、窮屈さを感じることなくぐっすり眠れる環境になっています。さらに、個室シートを完備している夜行バスもあるので、一度体験してみては如何でしょうか。

夜行バスの中には運転手さんの交代だけの休憩も

煙草を吸う人にとって夜行バスは喫煙が出来るのか、それとも禁煙なのか気になるケースは多いのではないでしょうか。しかし、夜行バスは残念ながら車内での喫煙は出来ない、車内禁煙になっています。それなら休憩の時に一服すれば良い、それまでは我慢すると言う人も多いかと思われますが、夜行バスの多くは休憩時には外に出ることが出来ないのです。これは運転手さんの交代のための休憩でもあり、夜行バスに乗っているお客さんは座席で待機しなければなりません。但し、夜行バスの中にはパーキングエリアで、トイレ休憩などで降りることが出来るものもあるので、喫煙をしたい人は、休憩時に外に出ることが出来るかどうか予約前に確認しておくと良いでしょう。

© Copyright Bus Manners.All Rights Reserved.